鬱病患者はとてもデリケートなので接し方に気を付けよう

躁状態と抑うつ状態

婦人

躁うつ病とは、気分が高揚した躁状態と抑うつ状態を交互に繰り返す鬱病です。双極性障害と呼ばれることもあります。一般的に、躁状態になることで病気の発見が遅れてしまうと言われているのです。躁うつ病の初期症状として挙げられるのが、睡眠時間の変化です。睡眠時間がいつもより短くなっていくという方が多くみられます。また、気分によって饒舌になったり、大量の買い物をするようになってくるということもあります。躁状態では高い高揚感を感じ、エネルギーが満ち溢れてきます。気分が良くなり、いつもより饒舌になってしまうことがあるのです。また、気分が高揚しているため、深く考えずに行動するようになります。買い物の量なども増えてくるという場合もあります。そして、躁状態の次に抑うつ状態がやってきます。倦怠感が生じて、疲労感や無気力感を感じるでしょう。ですが、すぐに躁状態に切り替わるので、仕事や勉強などを頑張ることができます。活発に行動することができるので、周囲の人間からは鬱病と気付かれにくいのです。また、躁状態の場合、ほとんど自覚症状が無いということが怖いところです。症状が悪化してくると、躁状態と抑うつ状態の差が激しくなってきます。躁状態の時には、現実離れした行動を取りやすくなるでしょう。高揚した気分に任せて行動するようになるのです。特に、ギャンブルや買い物に大金を投じることが多くなってきます。自分の経済環境を省みずに大金を使用するのです。ギャンブルで借金を背負う人も少なくありません。ですが、躁状態の時には気分が良くなっているので、特に問題と思うことも少ないのです。次に抑うつ状態になった時に自分が作った状況に絶望し、症状は次第に悪化していきます。躁状態と抑うつ状態の差は激しくなる一方で、心と身体への負担が大きくなっていくのです。一般的に抑うつ状態では、鬱病と同じような症状が出てきます。そして、躁状態の自分に対して激しい自己嫌悪に襲われてしまいます。また、躁状態と抑うつ状態が切り替わる周期も短くなってくるので、段々周囲の人間も病気だと気付くようになります。躁うつ病の場合も、周囲の人間が気付いた時には症状が悪化していることが多いのです。普段と違って、人の意見を無視したり、お喋りが止まらなくなっている方は注意しましょう。また、根拠のない自信が湧いてくるので、行動が大胆になってきます。身の周りにこのような方がいたら、まずは様子を観察してみましょう。できるだけ早めに専門の医療機関を受診することが大切です。また、躁うつ病も鬱病と同じように薬物治療と精神療法を用いて治療していきます。しっかりと治療する為には、薬剤の服用方法が重要になってきます。処方された量や服用のタイミングなど、医師の指示をよく守りましょう。