鬱病患者はとてもデリケートなので接し方に気を付けよう

再発予防のポイント

医者

精神疾患はとても再発しやすい病気の一つです。特に、最近患者数が増えてきている鬱病は再発しやすい病気として知られています。普段から再発予防に取り組む必要があります。この病気を再発させないためにも、注意するべきポイントについて紹介していきます。まず一つ目は、生活習慣を整えることが挙げられます。基本的に、生活習慣の乱れはストレスを生じさせやすいと言われています。また、昼夜が逆転した生活をしている場合も改善が必要です。日光に当たるようにするだけでも、再発予防に効果的とされています。特に、冬に多い冬季うつ病は、日照時間の減少が原因で発症すると言われているのです。日照時間が減ることで、バイオリズムが狂います。バイオリズムが狂うことで、脳の機能が低下してしまうのです。冬季うつ病の場合は、光照射療法などを用いて治療します。生活リズムを整えて日光に当たるようにすることは、鬱病予防の基本となるでしょう。また、運動不足になるとストレスを感じやすくなってしまうと言われています。ストレスは気付かない内に生じている事も多いので、溜めこまないように注意しましょう。特に、部屋から出る機会が少ない方は、運動不足になりやすいのです。できれば、一日に30分から1時間程は運動することをおすすめします。そうすることで、ストレスを軽減することができるのです。また、鬱病予防には食生活の改善も効果的ということが知られてきました。日頃の食生活を整えることで、病気を予防することができるのです。この病気の患者の多くが、栄養バランスの偏った食生活をしていると言われています。栄養バランスの偏った食生活は、脳に悪影響を与えてしまうことも考えられます。また、腸内環境の悪化も招いてしまいます。神経伝達物質の生成は、腸内環境に大きく左右されるのです。腸内環境が悪化してしまうと、神経伝達物質の生成が阻害されてしまい、結果的に脳の機能が弱ってしまうのです。食生活を整えて、腸内環境を改善することで神経伝達物質の生成を助けることができます。できるだけ決まった時間に、1日3食の食事を取るようにしてください。そして、再発予防には、抗うつ剤の服用が欠かせません。基本的に、治療が完了してから1年から2年程は抗うつ剤を服用し続けます。抗うつ剤を使用することで、安定した状態を維持することができるのです。また、少しでも病気の症状が出始めたら、すぐに専門の医師と相談するようにしましょう。できるだけ早く対処する必要があります。抗うつ剤の種類を変えたりすることで対処できるでしょう。鬱病の再発予防はとても大変そうに思えますが、実はちょっとしたポイントを押さえるだけなのです。生活習慣を整えてバランスの良い食事を取り、抗うつ剤を服用する。これらを意識して続けていきましょう。