鬱病患者はとてもデリケートなので接し方に気を付けよう

抗うつ剤の特徴

ナース

鬱病治療には、抗うつ剤が使用されます。抗うつ剤を使用することで、機能が弱ってしまった脳を正常な状態に戻すのです。まずは、抗うつ剤の特徴から学んでいきましょう。一般的に抗うつ剤にも様々な種類があります。鬱病治療では、医師がどの抗鬱剤を使用するのか決めるのです。患者の様子を見ながら抗うつ剤を選びます。理由としては、厳密な使用方法が決まっていないからです。症状も患者一人一人によって違ってきます。そのため、患者に合わせて抗うつ剤の種類や量を変えていく必要があると言えます。まず、最も有名な抗うつ剤が三環系です。三環系は強力な効果が得られるのが特徴として挙げられます。そして、抗うつ剤の中でも、最も副作用が多いタイプです。三環系は1950年頃から使用されてきた薬剤で、抗うつ剤の中では最も歴史が古いものでしょう。強力な効果と引き換えに副作用も多いので、最初から三環系の薬剤を使用することは少ないと言われています。他の薬剤では効果が薄い場合に三環系の薬剤を使用するのです。鬱病患者は状態によって入院が必要な場合もあります。基本的に入院が必要な程にまで状態が悪化している場合は、最初から三環系の薬剤を使用する可能性が高まります。三環系の作用機序としては、モノアミンの阻害です。モノアミンは神経伝達物質の総称で、気分を変化させる作用があります。一般的に有名なのが、セロトニンやドーパミンです。この神経伝達物質の吸収・分解を抑制することで、モノアミンの量を増やすのです。鬱病はモノアミンの量が減少することで発症すると考えられています。モノアミンの吸収・分解を抑制することで、症状を改善するのです。ただ、三環系はモノアミン以外のところにも作用する薬剤で、副作用が多いとされています。口渇や尿閉、めまいやフラつきなどを引き起こす可能性があるのです。三環系は強力な効果が特徴でしたが、四環系はそれほど強力な効果はありません。四環系の場合は、特徴として不眠に効果を発揮します。三環系よりも安定感を重視して開発されたのが、四環系の抗うつ剤なのです。三環系よりも副作用は少ないでしょう。どちらかと言うと、眠気を誘うため深い眠りを得ることができます。鬱病の症状として、不眠が強い場合は四環系の薬剤が使用されることもあります。四環系は三環系よりもノルアドレナリンを増やす効果があります。また、現在では四環系よりもSSRIがよく使用されています。抗うつ剤の選択肢の中でも最初に選ばれる薬剤です。SSRIはモノアミンの中でも、セロトニンのみを増やす作用があります。セロトニンに的を絞って効果を発揮するので、副作用が少ないのです。四環系よりも効果が高く、三環系よりも副作用が少ないのが強みだと言えます。